AGA医薬品個人輸入のリスクについてご紹介しています!

知ってました!?薄毛治療薬の怖い副作用

プロペシア(フィナステリド)の副作用

AGA治療薬として最も幅広く使用されているのがプロペシア(フィナステリド)です。フィナステリドはプロペシアに含まれている成分ですが、日本のAGA治療薬でフィナステリドが含まれているものはプロペシアのみです。このプロペシアは、発毛ではなく抜け毛の予防、いわゆる薄毛の進行を遅らせるという役割でAGA治療薬として使われています。

プロペシアの副作用としてよくあげられるのが、精力の低下です。具体的には勃起不全(ED)、精力減退、精子の減少などです。30代から40代に起こる精力減退の症状がプロペシアの服用でも起こりうるのです。また長期にわたる服用となるため、肝臓の負担も非常に大きくなり肝機能障害による腹痛や下痢、食欲不振、倦怠感などの症状がでることもあります。その他にもうつ病や胸の肥大などの症状もあります。さらに注意が必要なのが、妊娠中、授乳中の女性だけでなく、妊娠を考えている女性は絶対に口にしてはいけない危険な薬でもあるという点です。特に割れたり裂けたりしたプロペシアの錠剤は、触れるだけでも皮膚から成分が吸収されてしまう可能性があり大変危険なのです。妊婦の場合胎児に影響が出る可能性があるので、細心の注意が必要な薬となります。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは発毛効果が認められている薬として、薄毛の進行を遅らせるプロペシアと併用して処方するクリニックが多くあります。もともと高血圧の薬として開発され、その副作用として発毛効果が認められたことから薄毛治療薬として使われるようになりました。

薄毛治療薬としては、塗り薬と飲み薬がありますが、頭皮からは吸収されにくく飲み薬の方が発毛に効果的です。しかしこのミノキシジルは非常に強い副作用があることも忘れてはいけません。具体的な副作用の症状としては眠気や倦怠感、めまい、頭痛などが挙げられます。この中には肝臓に負担がかかることででている症状もあるので肝機能に障害のある人は注意が必要です。また、そもそも高血圧の薬であったために、すでに高血圧で薬を処方されている人や低血圧の人も注意が必要です。

その他にも、飲み薬であるために発毛効果は全身に及び、頭髪だけでなく全身の毛が濃くなるという症状もみられます。

AGA治療薬を使わないAGA治療を

僕の場合、育毛剤で効果を感じることができず、AGA治療薬では頭痛やめまいといった副作用に悩み、思い切って始めた育毛メソセラピーも注入成分にミノキシジルが入っていたからか体質に合わなかった口です。

しかしこれらの問題をクリアした治療が血流改善のガス治療でした。血流の改善が薄毛対策に効果があるということはわかっていますが、頭皮の表面をマッサージするだけでは発毛につながる血流改善には至りませんし、体の内側から効く内服薬は副作用の問題があります。血流改善ガス治療は、頭皮に直接血流改善ガスを浸透させて血流がよくなった上で毛根に栄養を行き渡らせるので、薄毛になるメカニズムからいっても効果的な治療であることがわかります。また全身への影響が少ないのもメリットとなる特徴です。

薄毛治療は薬の副作用から女性が受けられないことも多いのですが、血流改善ガス治療は女性がうけられる治療であるという点でも安心できるAGA治療なのです。

血流改善ガス治療や薄毛治療をしてくれるクリニックご紹介

総合評価第1位
新宿メディカル
クリニック

痛みの少ないノンニードル注入療法を採用し、オリジナルの成長因子カクテルを頭皮下に直接注入します。プロペシア医薬品も併用。

総合評価第2位
銀座総合美容
クリニック

薄毛の進行度合いや頭皮の状態だけでなく、環境や性格などの違いからくる悩みを尊重した上で、最適な薄毛治療を施しています。

総合評価第3位
AGA
スキンクリニック

薄毛の進行度合いや頭皮の状態だけでなく、環境や性格などの違いからくる悩みを尊重した上で、最適な薄毛治療を施しています。

ページのトップへ