AGA医薬品個人輸入のリスクについてご紹介しています!

実録!!個人輸入の恐怖!

AGA治療薬の個人輸入とは?

日本でAGA治療を受けるとその費用はかなり高額になります。それはAGA治療薬として認可されているプロペシアやミノキシジルなどが医療機関に通院する形でしか手に入れることができず、薬代だけでなく診察料や検査料などの費用もかかるためです。さらにAGA治療は保険のきかない自由診療のため診察料や治療薬は全額自己負担となります。通院し続けるとなると経済的負担もかなりのものになります

そのためできるだけ費用を抑えるためにAGA治療薬を個人輸入する人が出てきているのです。個人輸入は主に国内にある輸入代行業者を利用することになります。ネット通販のように行われるので、個人輸入という固いイメージではなく気軽に手に入れられる状況になっています。

この方法で個人輸入をすると、医療機関で処方される薬代よりも半額程度の金額で購入できる場合もあります。長く使用し続ける薬であるために、これだけ安い料金で手に入れられることはメリットとなるでしょう。さらに毎月病院に行く手間や通院ごとにかかる診察料もかからないとなると魅力的な方法に思う人もいるかもしれません。しかし、個人輸入ではこのようなメリットばかりで済まない危険性も多くあるのです。

AGA治療薬の個人輸入の危険性

費用の面や通院の手間から考えると大変魅力的なAGA治療薬の個人輸入ですが、その分トラブルが多く発生しているのも事実です。

個人輸入した薬は、安全面での保証は何もなく本物か偽物かを自分で判断することはできません。そのため輸入したものの中には、日本で許可が下りていない成分が含まれているものや、全くの別物ということもあります。中には箱も薬もそっくりにできているのに配合されている成分が全く違うといった悪質なものまであるのです。このような偽物には危険な成分が含まれているものもあり、実際に健康被害も出ているのです。

また、代金を支払っても商品が届かないというトラブルも少なくありません。問い合わせをしようとしても業者と連絡が取れなかったり、利用したサイト自体がなくなっているということもあります。

さらに副作用に関しても注意が必要となります。日本では医師に処方された場合であれば、もし副作用がでた場合でも医療機関で適切な対応が取られたり、副作用被害を救済する制度を利用することもできます。また医師の診察を受けていれば、他の薬との飲み合わせで出る副作用に対しても回避できますし、自分の薄毛改善に効果があると診断された薬が適切に処方されます。しかし、個人輸入の場合は、副作用がでても、健康被害が起きても全て自己責任となり、救済されることはないということを知っておいてください。

男性薄毛対策におすすめのクリニックBEST3

総合評価第1位
新宿メディカル
クリニック

痛みの少ないノンニードル注入療法を採用し、オリジナルの成長因子カクテルを頭皮下に直接注入します。プロペシア医薬品も併用。

総合評価第2位
銀座総合美容
クリニック

薄毛の進行度合いや頭皮の状態だけでなく、環境や性格などの違いからくる悩みを尊重した上で、最適な薄毛治療を施しています。

総合評価第3位
AGA
スキンクリニック

薄毛の進行度合いや頭皮の状態だけでなく、環境や性格などの違いからくる悩みを尊重した上で、最適な薄毛治療を施しています。

ページのトップへ