プロペシア(フィナステリド)の効果と副作用についてご紹介しています!

ご存知ですか?プロペシア(フィナステリド)の効果と副作用について

プロペシア(フィナステリド)とは?

プロペシアは、ミノキシジルと並んで代表的なAGA治療薬の1つ。外用薬ではなく、錠剤タイプの内服薬です。フィナステリドと言われることもありますが、プロペシアは商品名でフィナステリドは成分名です。最近では成分名をそのまま商品名にした「フィナステリド」というジェネリック医薬品も出ています。プロペシアが日本で発売開始されたのは2005年のことですが、それまでのAGA治療薬には塗り薬しかなかったため非常に注目を浴びました。

そんなプロペシアですが、もともとはアメリカで前立腺肥大の治療薬として使用されてきたという背景があり、服用者に毛髪の成長が見られたことでAGA治療薬として開発・販売されるようになりました。副作用が始まりだったとは驚きですね。

プロペシアは医療用医薬品のため、医師による処方せんが必要な薬です。そのため服用するにはクリニックを受診して処方してもらわなくてはなりません。個人輸入代行を利用して手に入れる方法もありますが、安全性の観点からあまりおすすめしません。

プロペシア(フィナステリド)の効果と効能

プロペシアの働きを簡単に言いますと、男性ホルモンを抑制することで薄毛改善する、というものです。もう少し具体的に説明します。

男性ホルモン(テストステロン)は誰もが持っているホルモンです。テストステロンは、5αリダクターゼという酵素の働きによって「ジヒドロテストステロン」という物質に変化します。このジヒドロテストステロンが毛髪のもとになる毛母細胞の働きを低下させてしまうため、薄毛の原因の1つになるとされています。そしてプロペシアには5αリダクターゼを抑制する効果があるため、ジヒドロテストステロンの生成を抑えて薄毛を改善するというわけです。

とても効果がありそうなプロペシアですが、実はプロペシアの効能は「発毛」ではなく「進行遅延」です。つまり毛を生やす薬ではなく、薄毛の進行を遅らせる薬なのですね。臨床試験では3年継続の服用で約8割の人の薄毛が改善されたという報告もあり一定の効果は期待できそうですが、これだけ長期間薬を服用していいものかどうかという点については疑問が残ります。また服用をやめると薄毛進行が再開してしまうため、効果をキープするためには飲み続けなくてはなりません。

そもそもフィナステリドは化学物質で、本来体内で生成されない成分です。継続的に摂取することで起こる副作用について詳しく見ていきましょう。

プロペシア(フィナステリド)の副作用

前立腺肥大の治療薬として開発されたプロペシア(フィナステリド)には、ホルモンを意図的に調整する作用があります。そのことから、特に性機能において副作用が現れることが分かっています。具体的には、性欲減退・勃起障害・精子減少などです。発症率は少ないので問題ないとしている医師も多いですが、服用に際して下記のような注意事項があることを考えると、決して体によいものではなさそうです。

  • 胎児に影響を及ぼす可能性があるため服用中の性行為はNG
  • 胎児に影響を及ぼす可能性があるため女性の服用はNG (有効成分が体内に吸収されてしまうため、錠剤に触れることも控えたほうがよい)
  • 安全性が確立されていないため、未成年への処方はNG
  • 未成年者や妊婦へ輸血される可能性があるため、服用中は献血もNG

他に、わずかではありますがうつ症状が引き起こされたり、肝機能が低下したという報告もあります。

血流改善ガス治療や薄毛治療をしてくれるクリニックご紹介

総合評価第1位
新宿メディカル
クリニック

痛みの少ないノンニードル注入療法を採用し、オリジナルの成長因子カクテルを頭皮下に直接注入します。プロペシア医薬品も併用。

総合評価第2位
銀座総合美容
クリニック

薄毛の進行度合いや頭皮の状態だけでなく、環境や性格などの違いからくる悩みを尊重した上で、最適な薄毛治療を施しています。

総合評価第3位
AGA
スキンクリニック

薄毛の進行度合いや頭皮の状態だけでなく、環境や性格などの違いからくる悩みを尊重した上で、最適な薄毛治療を施しています。

ページのトップへ