男性薄毛の原因について調べまとめました!

タイプでわかる男性薄毛の原因は?

タイプ別男性薄毛の原因① 男性型脱毛症

男性型脱毛症(AGA)は頭髪脱毛症の一つで、頭のてっぺんがM字型、U字型、O字型というようにアルファベットのような形で薄毛が進行していくのが特徴です。薄毛で悩む大半の男性はこの男性型脱毛症(AGA)タイプといわれています。原因は頭皮の血流に問題があることです。不規則な食生活や運動不足、睡眠不足あるいはストレスなどから血流が悪くなることは知られていると思います。特に頸動脈(首まわり)から上にある頭には、血液を押し上げるポンプ力が必要になります。上に押し上げるポンプ力が弱くなると血流が弱くなり、頭皮の毛細血管まで血流が行き届かなくなり毛細血管がどんどん細くなります。そして頭皮の体温は下がり、毛根の栄養がなくなっていくのです。一度この状態になると薄毛は加速していきます。

自分でできるケア方法としては心臓よりも高い位置にある頭の血流をよくすることです。首まわりをマッサージしたり、肩こりがある人はコリをほぐしたり、水分を多く摂取して血液の状態をサラサラにすることも血流を良くすることにつながります。また、食生活や生活習慣を見直して軽い運動をする習慣をつけることも効果的です。これらのケアは、薄毛の進んでいる人が発毛するというものではありません。薄毛を防ぐためにできる日常的なケアです。薄毛が進んで気になる人はクリニックでの治療をおすすめします。

タイプ別男性薄毛の原因② 若年性脱毛症

若年性脱毛症は、文字通り若年性すなわち10代から20代の人が発症するタイプの頭髪脱毛症です。10代から20代に薄毛になるために若年性と呼ばれるのであって、頭皮の血流の悪さが原因となるのは男性脱毛症などと変わりはありません。

若い人は血流が悪くなりにくいのですが、現代は若くても睡眠時間が極端に少なかったり、ほとんど運動をしない生活をしている人も多くいます。このような生活をしているとやはり血流は悪くなり、人によっては頭皮の血流も滞り薄毛になるのです。薄毛になると若い人でも進行していくのは同じなので、生活習慣を見直していくことが重要となります。夜遅くまでスマホを見て質の良い睡眠がとれない、ダイエットなどで偏った食生活をしているなどの生活習慣は見直しましょう。また、頭皮の血管の血流や毛根の栄養分として大豆製品を食事に取り入れたり、日頃から適度な運動も取り入れましょう。

人が見てもわかるくらいに薄毛が進んでいる場合は医療機関に相談してみるといいでしょう。頭髪脱毛症は若い人ほどその改善の効果は早く見られます

タイプ別男性薄毛の原因③ 円形脱毛症

円形脱毛症は、頭部に10円玉ほどの大きさのハゲが見られることから10円ハゲとも言われるタイプの頭髪脱毛症です。ストレスが原因とよくいわれますが、ストレス以外にも自己免疫疾患が原因の場合もあります。ストレスが原因の場合は、血行不良が起こり血流が悪くなることが大きな要因となるため、自分でできるケアとしてはストレスを和らげることです。すぐに治ることはありませんが、数ヶ月くらいでゆっくりと元に戻っていきます

自己免疫疾患は、本来ならば外からの異物の侵入を排除する免疫機能が正常に機能しなくなることで、異物ではない自分自身の細胞などを攻撃したり排除したりする現象です。この現象が円形脱毛症も引き起こしてしまうのです。このため10円玉程度の抜け毛だけではなく頭髪がすべて抜け落ちたり、体毛や眉毛まつ毛が抜け落ちることもあるのです。疲労などによる体力の低下やストレスなどが原因として考えられますが、自己免疫疾患が原因の円形脱毛症の場合はまず病院で治療をすることが必要となります。

男性薄毛対策におすすめのクリニックBEST3

総合評価第1位
新宿メディカル
クリニック

痛みの少ないノンニードル注入療法を採用し、オリジナルの成長因子カクテルを頭皮下に直接注入します。プロペシア医薬品も併用。

総合評価第2位
銀座総合美容
クリニック

薄毛の進行度合いや頭皮の状態だけでなく、環境や性格などの違いからくる悩みを尊重した上で、最適な薄毛治療を施しています。

総合評価第3位
AGA
スキンクリニック

薄毛の進行度合いや頭皮の状態だけでなく、環境や性格などの違いからくる悩みを尊重した上で、最適な薄毛治療を施しています。

ページのトップへ