薄毛治療の方法と費用をご紹介しています!

薄毛治療の方法と費用を紹介

AGA治療薬を処方され薄毛改善まで服薬した場合の費用総額は?

薄毛治療で一般的な治療方法がAGA治療薬を服用するというものです。治療薬として最も広く使われている薬がプロペシアとミノキシジルです。プロペシアのみ服用する場合とミノキシジルを併用して服用する場合があり、薄毛の進行状態やクリニックによって違いがあります。

このAGA治療薬を服用すると、半年くらいから効果が見え始める人が多いようです。そこから徐々に改善に向かい2〜3年でその効果は頭打ちとなります。ここからはこの状態を維持するために通院し続けることになります。治療をやめれば、再び薄毛は進行します。通院は、一月分の治療薬が処方されるため1カ月に1回のペースとなり、費用は年間36万円ほど。薄毛改善まで継続的に通院し最大の効果を実感するまで数年続ければ約100万円程度はかかることになります。さらにこの状態を維持し続けるには、この費用を払い続けることになるのがAGA治療薬を使った薄毛改善治療なのです。

育毛メソセラピーを薄毛改善まで受けた場合の費用総額は?

育毛メソセラピーは頭皮から直接発毛成分を注入する薄毛治療です。注入する成分は、一般的にはミノキシジルやプロペシア(フィナステリド)などの育毛剤にビタミンやヒアルロン酸などの栄養成分を配合したものが多いようです。クリニックによって注入する薬剤の成分が違うため、費用にも違いが出てきます。

発毛効果が見られるのは3〜4カ月程度からが多く、1年程度でその効果は頭打ちとなります。毛髪量を維持するには、その後数ヶ月に1回程度のペースで治療を続けていくか内服薬による投薬治療をすることになります。費用は1回5万円〜8万円。薄毛改善までの1年間でかかる費用は100万円程度です。その後治療を続ければさらに費用もかかります。AGA治療薬よりも1回の費用は高くなりますが、薄毛改善までのスピードは早いため人によっては安く済む場合もあります。

HARG治療を薄毛改善まで受けた場合の費用総額は?

HARG治療とは育毛メソセラピーと同じく頭皮から直接薬剤を注入する薄毛治療ですが、HARG療法は薬剤の成分に「成長因子」が入っていることが特徴です。この成長因子は、元々人間の体内にある幹細胞を活用するため、ミノキシジルやプロペシア(フィナステリド)などを使用する育毛メソセラピーと違い、副作用が低いところがメリットと言えます。

発毛効果が実感できるのは育毛メソセラピーと同じく3〜4ヶ月程度から、治療完了は早い人で6カ月程度、多くの人は約1年程度です。1回の治療費は10〜15万円前後、6〜10回で1クールとして治療することが多く、総額で150万円かかる場合があります。治療完了後の個人差はありますが、ある程度増毛効果は続きます。しかしその後発毛する力は弱まってくるので、さらに数回の治療をして改善していく必要があります。その分さらに費用がかかることになります。

男性薄毛対策におすすめのクリニックBEST3

総合評価第1位
新宿メディカル
クリニック

痛みの少ないノンニードル注入療法を採用し、オリジナルの成長因子カクテルを頭皮下に直接注入します。プロペシア医薬品も併用。

総合評価第2位
銀座総合美容
クリニック

薄毛の進行度合いや頭皮の状態だけでなく、環境や性格などの違いからくる悩みを尊重した上で、最適な薄毛治療を施しています。

総合評価第3位
AGA
スキンクリニック

薄毛の進行度合いや頭皮の状態だけでなく、環境や性格などの違いからくる悩みを尊重した上で、最適な薄毛治療を施しています。

ページのトップへ