育毛シャンプーの効果について調べまとめました!

育毛シャンプーが効果ないって本当?

育毛シャンプーとは?

育毛シャンプーとは、髪を洗う成分のほかに育毛成分が含まれているシャンプーのことをいいます。育毛に効果があるといわれている成分が配合されていますが、実際に発毛する効果というよりも皮脂の分泌を抑えたり頭皮の炎症を抑える効果を上げて、発毛しやすくなる頭皮環境を作ることを目的にしているシャンプーが多いようです。

頭皮への刺激を弱めるために、石鹸系やアミノ酸系の界面活性剤など低刺激のものが配合され洗浄成分は抑えられています。洗浄成分の強い「ラウリル硫酸Na」などは石油系の界面活性剤のため、頭皮への刺激が強いものです。育毛シャンプーとして販売されていてもこのような成分が配合されている場合もあるので育毛シャンプーを選ぶときには注意が必要です。

育毛シャンプーの薄毛改善効果

育毛シャンプーは髪を洗いながら育毛のための頭皮環境を整える働きをするものです。そのため薄毛で悩んでいる人が発毛効果を求めてもシャンプーで薄毛改善の効果はありません。パッケージの表示では発毛や育毛に効果があるといわれている成分が含まれていても、実際にはその成分は洗浄成分とともにほとんど洗い流されてしまいます。頭皮内の毛根にじっくり浸透していくという効果はシャンプーにはないのです。また育毛成分が入っているために、育毛効果を期待してしっかり流さない人もいるようですが、これは頭皮環境にとってやってはいけないことです。シャンプーはしっかり流さないと、フケや炎症などの頭皮トラブルを起こす原因となり逆効果になります。

薄毛に悩んでいる人は、育毛シャンプーの目的は薄毛の改善ではなく頭皮環境を改善するためであるということを念頭に置いて使用しましょう。

効果がないだけじゃない!育毛シャンプーがおすすめできないワケ

育毛シャンプーは、爽快感をうたっているものが多くあります。そのため頭皮の皮脂が気になっている人は、洗い上がりの爽快感が頭皮に良いと思って育毛シャンプーを選んでいる人もいるかもしれません。しかし洗い上がりが爽快に感じるのは、必要以上に皮脂を落としてしまっているほど洗浄力が高いということなのです。たしかに頭皮に大量に皮脂が分泌されることはよくありませんが、皮脂を過剰に落とすと頭皮を守るために落とされた皮脂を生成しようとさらに皮脂が過剰に分泌されるというマイナスのサイクルが起こってしまうのです。こうなると、育毛シャンプーを使っているのにかえって頭皮環境を悪くしてしまうという事態が起こるのです。

さらに注意が必要なのが、育毛シャンプーなのに金額の安いシャンプーです。このようなシャンプーは合成界面活性剤が含まれているので頭皮への刺激が強く、爽快感を出すために頭皮に大切な保湿成分が少ないものもあります。そのため薄毛に効果があるどころかさらに薄毛を進行させてしまいます。また、比較的高価な育毛シャンプーを使っているからといって、頭皮や髪の状態が悪くなっているのに使い続けることも、薄毛をさらに進める結果となります。頭皮のかゆみや発疹、フケなどがでているときは、自分に合っているシャンプーではないと自覚し使い続けることはやめましょう。

男性薄毛対策におすすめのクリニックBEST3

総合評価第1位
新宿メディカル
クリニック

痛みの少ないノンニードル注入療法を採用し、オリジナルの成長因子カクテルを頭皮下に直接注入します。プロペシア医薬品も併用。

総合評価第2位
銀座総合美容
クリニック

薄毛の進行度合いや頭皮の状態だけでなく、環境や性格などの違いからくる悩みを尊重した上で、最適な薄毛治療を施しています。

総合評価第3位
AGA
スキンクリニック

薄毛の進行度合いや頭皮の状態だけでなく、環境や性格などの違いからくる悩みを尊重した上で、最適な薄毛治療を施しています。

ページのトップへ