薄毛にまつわる都市伝説について調べまとめました!

薄毛にまつわる都市伝説を暴露!

毛穴に皮脂が詰まって薄毛になるは嘘?

「毛穴に皮脂が詰まると薄毛になる」という都市伝説を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。薄毛で悩んでいると髪のベタつきが気になり、このような噂もつい信じてしまいがちです。この都市伝説が嘘であることは、ホームレスの方や長期間の入院生活で髪の洗えない方、または毎日髪を洗わない民族も多くいるなかそれらの方々に薄毛が多いという事実がないことからもわかります。

それなのになぜいまだにこのような噂が流れ、巷には育毛シャンプーや育毛剤などが溢れかえっているのでしょうか。それは育毛に関する商品を販売する企業が、商品を売るために「毛穴が詰まると薄毛になる」という情報を広めているためです。頭皮の皮脂が多いために毛根が詰まり髪が抜けたり生えなくなる、というイメージを植えつけシャンプーなどで皮脂を落として育毛剤を使いましょう、というロジックを使い情報を流しているのです。

しかし薄毛に関する様々な研究で、頭皮にはそもそも乾燥や細菌の侵入を防ぐなどのバリア機能が働いているため、育毛剤やシャンプーなど毛穴から育毛成分を浸透させようとしても毛根には届かないことがわかっています。つまり、シャンプーなどで毛穴の詰まりをとっても薄毛は改善されないのです。

薄毛は遺伝するは嘘?

大手の育毛サロンや一部のクリニックでは、薄毛の原因が遺伝にあると説明し不安をあおって薄毛対策や薄毛治療を進めてくるところがあります。しかし親族に薄毛の人は一人もいない、と言える人はほとんどいないのではないでしょうか。

じつは薄毛と遺伝の関係は多くの研究がなされているなか、その因果関係はいまだに分かっていないことなのです。分かっていることは、遺伝よりもその人が育つ環境で身についた生活習慣が薄毛の原因になっていることの方が多いということです。

血流を悪くする喫煙や運動不足やお酒の飲み過ぎ、脂っこい食事を頻繁にとるなど偏った食生活もよくありません。またストレスも抜け毛の原因となることがわかっています。

薄毛を遺伝の原因とするよりも、生活習慣の乱れやストレスなどで進行していくものだと考え、正しい知識を持つことが大切です。

男性ホルモンのせいで薄毛になるは嘘?

男性ホルモンが多いと薄毛になりやすい、という噂を信じている人も多いと思います。そう、噂レベルの話なのです。

男性ホルモンについて考えればわかることなのですが、男性ホルモンが大量に分泌されるのは思春期から30代で、多くの人は20代前半がピークとなり徐々に減少していきます。この年齢層に限って特に薄毛が多いとはいえないですよね。そして男性ホルモンによって毛が抜けるということが証明された研究はいまのところないようなのです。

薄毛対策として販売されている商品には、この男性ホルモンの働きを抑えることで発毛効果につながるという宣伝をしているところがあります。また薄毛治療に使われるAGA治療薬は男性ホルモンの働きを抑制させるという効果を利用して使われている薬でもあるため、一部のクリニックでは男性ホルモンが薄毛の原因ということで治療を進めてくるところもあります。このような噂に惑わされず、正しい治療を受けることが薄毛改善の近道となるのです。

男性薄毛対策におすすめのクリニックBEST3

総合評価第1位
新宿メディカル
クリニック

痛みの少ないノンニードル注入療法を採用し、オリジナルの成長因子カクテルを頭皮下に直接注入します。プロペシア医薬品も併用。

総合評価第2位
銀座総合美容
クリニック

薄毛の進行度合いや頭皮の状態だけでなく、環境や性格などの違いからくる悩みを尊重した上で、最適な薄毛治療を施しています。

総合評価第3位
AGA
スキンクリニック

薄毛の進行度合いや頭皮の状態だけでなく、環境や性格などの違いからくる悩みを尊重した上で、最適な薄毛治療を施しています。

ページのトップへ